カテゴリ
全体
カポック
未分類
以前の記事
2005年 04月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
フォロー中のブログ
最新のコメント
shemale span..
by listik-28081 at 08:14
shemale span..
by listik-28081 at 08:14
by lostyand at 03:46
http://buyso..
by Jock at 02:07
Download Fre..
by Ringers Ringtones at 05:23
100 Free Rin..
by FreeRingtones at 05:23
100 Free Rin..
by FreeRingtones at 05:23
芸能人のマル秘DVDなら..
by オシエモン at 03:19
ブログみっけ!! へぇ..
by 北島春三郎 at 09:02


旅二出マス

b0059988_18262457.jpg
ぬし環の自画像だ。
似ている似ていないではない、魂の絵だあああああ
・・・と、画像UPのチェック。

こうして見ると、俺より俺の兄に似ている。

まあ、どっちにしろ、かけ離れてるけど。
[PR]
# by 99kurihama | 2005-02-21 18:29

にゃら~

ゆっくり生きようよ俺。


http://www.trijp.com/heart1-1.shtml
今、日本人の心はどうなっているのか? だから、どうすべきなのか?
↑という題。

世の中の事がわからないと、面白くないなぁ。
知れば知るほど面白くなるかもしれん。
なんにせよ、俺はしらなさすぎるほうなのだから、
手を伸ばせば楽しい事だらけだ。
[PR]
# by 99kurihama | 2005-02-19 22:39

ミソラー

大体にしてこのブログはつまらない。言いたかないがつまらない。
大体、ブログの使い方が一般的過ぎる。
所定の枠内に文字をだらだらと書き込んでゆくだけだ。
実にけしからん。
そもそも、所詮個人のブログである。たかが全入時代の文系大学生である。
そして、成績優秀と言うわけでもなく、むしろ悪い方である。言いたかないが悪い方である。
夢や活力もなく、世の中に流されっぱなし。
人間関係下手は本当に危険レベルにあり、それはまるで脳の実験相手にされた猿である。
蛇も食ってしまう。
うきー
今、大泉洋が志ん朝(しんちょう)の噺を聞きまくってる時期があったと言う。
流石だぜ大泉。だが俺は神奈川テレビが見れぬのだよ!!
大泉洋の友達になりたいなというより、自分が大泉洋になりたい。
志ん朝のCD欲しいなあ。

話が繋がってないよ

あーあとねカポックの新芽、随分伸びてきました。
なんかパワーアップしているみたいでいいな。
葉の直径は4~6cmで止まるようだ。
今生えてる新芽は直径1cmほどなのでまだまだ伸びる筈だ。
このまま、緑あふれる家にしたいなあ。

で、つまらないブログ。ゲーム形式に出来たら面白いだろうな。
あと、フラクタルとか。
この文章のところに何か操作を加えると、動いたり変化が生じるようにする。
それフラッシュとかじゃないか。

最近、こんなやつを見た。
男。もじもじと話し、髪型が坊主なのは良いが、虎刈り。明らかに雑然としている。
なぜかうろうろと意味もなく、くねくねと動いている。
極めつけかもしれないが、ズボンの裾が長くてだらだらとし、
その裾がボロボロになっているのは構わないが、
その長い裾をつま先まで包んで、おそらく足の親指と人差し指でつかんでいるんだろう。
体躯は案外でかい。174,5cmのさらに上で、180cm前後だろう。
痩せ気味で、口を突き出すように喋る。
そんな奴が、ズボンのポケットに手を突っ込んだまま、ぐねんぐねんと歩くのだ。
何気なく振舞っているお前達のほうが分からない。明らかに気持ち悪いだろう。
きりっとしていない。一つ年下だった。
別の男。雰囲気はノビタみたい、と近くにいた人が言った、そりゃあんまりだ。
確かに、内気で話すのが下手で誤解を与えやすそうな雰囲気を漂わせている。
でもノビタってそんな感じだっけ?
このタイプはちょっとひっくり返るだけで面白いキャラクターになるんだよな。
と、その彼の萌芽を静かにゆっくり見出していた。

つまり萌えである。

彼女はさらに兄弟にそっくりと言った。そりゃあんまりだと思いつつ、
「あ、その仕草(兄に)そっくり」と彼女が言うので、
ああ、やはり人間にはタイプみたいなものがあるんだなあと思う。
で、その人は活発な雰囲気。好々爺の女性バージョン、なんと言うか知らん。好々婆でいいのか?
それをそのまま若くしたような感じだ。別にその人が老けているという訳ではなく、
肌は年相応。だが、なんとなくおばあちゃん。良い人の雰囲気を漂わせている。
ノビタみたいなんて言っても、さらりとその男にも笑顔を誘うのだから、あるいは大物なのかもしれない。

そして今書き込んでいる俺、美空ひばりを聞きながら。

惚れた心に火をつけて無二の命を燃やす奴~


人生は本当はもっと単純なはずなのに
なんで僕はこんなにこんがらがって遠回りして嘘ついて生きているんだよそんなの嫌だ。

人間は3つの色、赤青緑で世界を見ている。って脳の本を立ち読みした。
人間的視点から世界を作り上げているのだとかそうでないとか。
赤外線や紫外線、電波、はては重力の見える生活だけじゃなくてそんな生物になってみたいわ。
電波とか見えたら、壁の向こう側だって見えるんだぜ。
いいSFないかなあ。

棚に絵かモノか、とにかく何かを置き、花を活け、線香や食べ物などの捧げものをし、
頭を下げたり、手を合わせたりする一連の行動が様式化されている。
そういうのが宗教的なものだと最近思う。仏壇とか。
そこには知識の体系といったものは大して重要ではなく、いや、必要ないかな。
行動様式を継続的にとれば宗教になりえると思う。
これ、京極夏彦とか色々な考えが混ざっているな。
だからどうしたというものだが。しかし何でそんな事するんだろうねぇ。わざわざ。

エキサイトの辞書によると、
(2)〔religion〕経験的・合理的に理解し制御することのできないような現象や存在に対し、積極的な意味と価値を与えようとする信念・行動・制度の体系。

なるほど、そもそも理解できなくて良いわけね。理屈は後からいくらでもこねられると。
せいぜい今では葬式と初詣くらいだな。
あれ、そうするとただ光ってる星に意味付けしている星座も宗教になるのか?
神話とか伝説も?
じゃあ、フィクションも?思い込みも?
と、混乱してきたよ。

そういうのって案外簡単に作れちゃうんじゃないかと思うと不思議。
みかん箱の上に風呂敷かけて、そこれへんの、割れたドンブリを
毎朝拝んでいたらドンブリ様になるんじゃないか?
毎日うまいメシ食わせてくれてありがとうございますとか心の中で唱えるんだよ。

それをはたから見ていると、何やっているんだって思うだろうね。
大したこと唱えてないのに。
それでどんぶり様のおかげで腹いっぱい飯が食えるだ。ありがてえ、と言うと、
なになに?お前さんはこのぶっちゃけた古めかしいどんぶりに食わせてもらっているって言うのかい?
そうだ。
何言ってんだ。あんた働いてるじゃないか。
働けるのはどんぶり様のお陰だ。
どんぶり様が何してくれたって言うんだ。
そこで講釈たれの文吉が、あることないこと言い出す。あ、遡ってどんぶり崇めてるの文吉ってことで。
最初は貴重などんぶりを、そそっかしい文吉が酔いどれた手からぽろっと落ちて割っちまったのが始まり。
怒鳴るカカア。私の嫁入り道具をどうとかとか、末代までの恥とか、だからお前さんは私を愛してくれない、実家に帰らせていただきます。
え?!帰る!!
慌てた文吉、ぬかに手をついて許してくれー酒はもう飲まない、どんぶりを大切にするから
などと言ったが、結局およね(妻の名)は出て行ってしまう。
悲嘆に暮れた文吉。食うも飲むも出来ない。
三日三晩飲まず食わずでいると、気が遠くなってくる。わんわん泣く。
おっかーー
ふと見るとそこには割れた茶碗が、
どんぶりじゃなかったんで?
すまん、どんぶりだった。そのどんぶりで甕の中の水をすくってがぶりと飲むと気持ちの良い事。
すいません、何時まで続くんですか。
心機一転、心を入れ替えた文吉はカカア帰ってきてくれと、喧嘩の原因になったどんぶりに
手を合わせるようになる。
その話を聞いた熊吉という男、こいつも女房に愛想つかされて逃げられた。
いたく感動してどんぶりに一緒に手を合わせるようになる。
熊吉「こうして、ただのどんぶりでも手を合わせていると、なんだかオッカアが帰って来るような気がするねえ」
そうこうするうちに、祈る内容もどんどん増えていって、
例えば、仕事がうまくいけだの、夫婦仲が良くなりますようにだの、
そのうわさを聞きつけて、
どんぶりの中に賽銭を入れるもの
文吉や熊吉の講釈をワザワザ聞きに来るもの、その講釈代や手土産なんか持ってくる奴が出てくる。
ふんふん。
でな、文吉は大僧正様、熊吉は第一使途と担がれて・・・
・・・適当だなぁ・・・
ある日、旦那に先立たれたおみつという偉く可愛い人が来る。
どんぶりをみて、つつと涙を流す。どんなに仲むつまじくても夫婦、親子、家族、友人知人には別れが来る。
それをこの茶碗じゃない、どんぶりの欠け具合が表しているのですね。
分かる。分かるその気持ち、と文七、じゃない文吉が手を取り合ってそうですそうですと意気投合。
欠けたどんぶりはカカアの帰りを待つ象徴から、人間愛の尊さとせつなさを問う事になる。
事業拡大って奴だな。
お客さんたちに茶を出したり、世話をするのがこのおみつの仕事になってきた。
男ってがさつだからね。細かいところには目がいかない。
女性客の相手をするのも主におみつよ。
おみつが参加した事により、どんぶり様の意味も、今まで男ばかりだった客層も女性、老若と広がってくる。
そうこうするうちに、うちでもどんぶり様に手を合わせたいと言うと東兵というのが出てくる。
そこで、客の中に、轆轤回せる奴がいるってワケで、そいつに似たようなどんぶりを作らせる。
だが、同じように割らなきゃいけないってんで、
文吉の家の中を、おみつをカカア役に見立てて、どんぶりを割った時と同じ状況にすることにした。
先ず、文吉がお参り客からの差し入れの酒をぐいぐい飲む。
ふらふらしてきたところで、うまい具合に身体を捻り、箪笥の角にガツンと茶碗
どんぶり
そう、どんぶりを割る。
怒鳴るおみつ。私の嫁入り道具をどうとかとか、末代までの恥とか、だからお前さんは私を愛してくれない、実家に帰らせていただきます。
と、
え?おまえおれのカカアだったの?
しまった、お前の気持ちを気付かずに。
あ・・・
A、はて前のカカア、およねはどうしたっけ。
B、あ、俺死んじまってたんだ。
おい、熊吉!
どうした文きっつあん。
どうやらおれは死んじまっているし、おみつを嫁にしようとも思っている。
しかし、およねがどうしているか心配だ。おいらの魂が極楽行っちまう前にちょっとみてきてくれ。
極楽行くつもりかよ。
熊吉はおよねの実家に行って、およねに事の次第を話すと、
およねは般若か鬼か死神のような形相で文吉の家にやって来る。
戸をガラァ!!
胆を抜かした文吉「おい、おみつ、どうやら俺は地獄行きだ」
[PR]
# by 99kurihama | 2005-02-07 08:40

オリオン座

室内天文装置じゃない、プラネタリウム、単語が出てこなかった・・・
冬の星座特集だったのだが、
星座の説明の声が良かった。説明内容も良かった。

オリオン座の中央にある3つの星のベルト。
それを左下へ行くと
シリウス達が作るおおいぬ座、
その左上を見ると
プロキオンとコメイサが作る、こいぬ座
コメイサは、帰らぬアクタイオンを想う猟犬メランボスの涙の目。

ベテルギウス、シリウス、プロキオンは冬の大三角を作る。

説明は大まかだったけど、分かりやすくてよかった。

で、家かえって調べてみると・・・
アルテミスにオリオン殺させたアポロン、貴様は!貴様という奴は!!
アクタイオンを鹿に変えたアルテミス(裸を見られたから)、あんたは!あんたって奴は!!
よりによって、飼い犬メランボスに噛み殺されるなんて・・・


まあ、とにかく
亡くなった者を星に上げるって、すごい話。壮大
[PR]
# by 99kurihama | 2005-02-03 21:07

結局、人間、最後は独りなんだ・・・

友人と「ハウルの動く城」を見てきた。面白かったよ。
後半の急展開は特に気にならなかった。
後日談みたいなものは既にやってあったし。
それに、この話の終わったあとも、
こいつらなら幸せにやっていくんだなぁって思えたから○あげちゃう。

あと、魔法の表現が面白かったなぁ。アニメーションならでは。綺麗だったな。
マルクルの「誰じゃ」の繰り返しのネタが可愛かったけど、今回は所々にそんな小ネタが入ってて楽しい。
ハウルの声は、最初、ガンダムのシャアの声に似ているような気がした。
渋めの声でねぇ。ハウルは中々の男伊達。ソフィーがうらやましい・・・じゃなくてハウルいいなぁ。
ぼく、大きくなったらハウルになりたい!という感じであります。強いし。
ソフィーも中々にして可愛いよ。登場シーンで帽子を縫っている後姿からしてかわいい。
木村拓也で思い出したけど、中国の映画、タイトル失念、あれ見たかったわ。その頃の雑誌見たらとっても面白そうなんだもの。





わたしは、幸せの真っ只中だって想像すると、不安というか寂寞?になるタチなんだな。
寝てて夢のお陰でふと思い出した。あいにくハウルに出てきたヌルヌルお化けは出てこなかったけどね。
一番好きな人と楽しく過していると、その後の寂しさが苦しいと思うときがあったり。

「どうせ、時間が経ったら、全部無くなっちゃうんだよ」と思う。
「そんなことはない」って、切り返すか?
「そうだとしても、別に構わない」って、言い返してやりたい。

ハウルでは、魔法で空を歩く場面があるんだけど、
幸せって一緒に空を歩くようなものだな。下(それまでの自分の価値観から見た現在の自分)を見ちゃいけないんだよ。
安定しなきゃと思って落ちるという、本末転倒な状態になるから。
気持ちが不安定な時にやったらもっと危なさそうだ。


古風なネタもサラリと使われると、
「おお、それがあったな!なるほど、そうこなくっちゃ!!」と、
こちらの裏をかいてくれて良い。
[PR]
# by 99kurihama | 2005-01-29 07:16

町田 版画 美術館

アルブレヒト・デューラー 1471-1528
Albrecht DURER
ドイツ人

スタンドっぽいマユ太の絵にビビル。かっけえ

四人の騎士
ユーフラテス河畔の四人の天使
子羊の前の選ばれしものたち




テオドール・ジェリコー 1791-1824
ナポレオン

ベルジナ河渡河 フランソワ・ジョルジャン刻

ナポレオンの葬送




アンリケル・デュポン 1797-1892
フランス人
パストレ公爵 1838
デュシャテル伯爵 1863




アベ・マモル
さっぱりわからない。人がいない、景色じゃない
でも、デカイ壁に飾ってあると似合う




宇治川戦陣図



マックス・クリンガー 1857-1920
『ドラマ』より
三月の日々 Ⅲ

ザクザク写実がカッコいい




オディロン・ルドン 1840-1916
『陪審員』より

タイトルが長くて凄い。たとえば

「ドルイド教の巫女のように
豊かな髪をして、彼女は彼に
劇的で荘厳な姿を現す」
[PR]
# by 99kurihama | 2005-01-28 12:08

ウロウロしなさい!俺。

青春18切符を買って旅に出てみる。3月から。

目を通した雑誌
アエラ
アンアン
グラツィア
きものサロン
メンズノンノ
読売ウィークリー
メンズクラブ
[PR]
# by 99kurihama | 2005-01-24 10:02

Cooking expert

Scrambled Eggs Recipe

2 eggs
2 tablespoons fresh cream
a little salt
a litte pepper
1 tablespoons butter

1.たまご、こしょう、生クリームをやさしく混ぜる。
Beat eggs slightly; add salt, pepper, and fresh cream.

2. 小さい鍋にバターを入れて、湯煎で溶かす。 直火はいけない。
Butter is put in a small pan, dissolve butter in hot water and it melts it.
Not heat sth on an open fire.

3. 小鍋に「1」を入れ、べらで絶えず混ぜていく。
途中、中鍋を火から外し、小鍋はお湯につけたままかき混ぜる。
3."1" is put in a small pan, and is always mixed.
On the way, an inside pan is removed from the fire, and a small pan is mixed
while applied to the hot water.

4. 最後に卵が入った小鍋を直接火にかけ、とろとろの状態で火を止めて仕上げる。
4. At the end, a small pan that the egg entered finish up,and the fire is stopped and finish up in the state of pulp.
[PR]
# by 99kurihama | 2005-01-19 09:33

Let's do wandering first of all. 犬も歩けば棒に当たる。

私は依存しやすい。
それは他の楽しみをあまり持たないからだ。
It is easy for me to depend.
It is because without other enjoyments so much.

私は他の楽しみを持たねばならない
I should have other enjoyments.


それを探すのもまた楽しい。
Looking for that is also happy.

何にしようか。
先ずうろうろしよう。
To what shall we make it?
Let's do wandering first of all.

どんな事があっても投げ出さない。
I do not stop it to any situation.
[PR]
# by 99kurihama | 2005-01-18 17:24

♪when you findeout your love. By"Human tuch"

Perspective
釣り合いの取れた考え方
考え方
遠近法
遠景の見通し、眺望
前途、展望、将来の見通し



レンコンの穴は"見通し"を象徴する。
The hole of the lotus root symbolizes "perspective". (Forecast)


形の無いものに形を与え、色の無いものに色を与えるのが言葉だ。

形のあるものから形を奪い、色を奪い、味を奪い、音を奪うのが言葉だ。

It is a word to give shape to the one without shape, and to give the color to
the one without the color.

The one's with shape depriving of shape, depriving of the color, depriving of
the taste, and depriving of the sound are the words.



言葉は存在を創る。
The word creates existence.



男の欲望
Man's desire

人間味
human touch

一触即発、きわどい
touch-and-go


彼は誰にでも優しい。
he is gentle to everyone.

私は特別でもなんでもない。
Even if I am special, I am nothing.

もどかしそうに
impatiently

何もしない事が最も人を苦しめる
The thing that nothing is done afflicts the people most.

あなたは随分楽しそうじゃないか。
You seem to be fairly happy.

しいたけshiitake mushroom.

スフレ 卵白に牛乳を入れ焼いた料理 souffle

材料、構成要素ingredient

排出、水切りdrain
蒸すsteam

quartクオート単位
ovenproofオーブン用
casserole蒸し焼きナベ、蒸し焼きナベで料理する
firm 硬い

俺はスフレの作り方の文章を読んだ。
I read sentences of how to make the souffle.

代理、代用substitution

人は無意識のうちに、正しくありたいと思っている.
The person want to be correct in unconsciousness.

へこたれない
It is not discouraged.
落ち込まない
It doesn't get depressed.
タフ
Tough
怖気づかない
No get frightened.
恐れない
It doesn't fear it.

どうやら俺の負けだぜ。
Apparently, it is my defeat.

瞼、閉じよう。
Let's shut the eyelid.

この俺を買ってくれる人がいるんだ。
There is a person who have a very high opinion of me.

きちんとした部屋は整頓された部屋だ。
Tidy room is a room put into order
tidy 整然とした 綺麗好きの かなりいい、なかなかいい(口語)
愛があれば大丈夫
It is safe(all right) if there is love.

布団を畳む
put away the bedding

絶好調だ!
I'm in the best possible condition
I'm in the pink (of condition)
pink 桃色、極致、剣で刺す・突く

ゴミは溜めない。
don't accumulate garbage

服をハンガーに掛ける
Clothes hang to hanger.
[PR]
# by 99kurihama | 2005-01-17 19:09